遺品整理って何?不用品回収業者に遺品整理を頼んじゃダメなの?

故人が大切にしていた物を整理する「遺品整理」。もちろん、大切な物を残します。

しかし、故人がひとり暮らしをしていた場合、生活用品の大半を不用品として処分しなくてはなりません。
その際に必要になってくるのが「遺品」と「不用品」をどのよう分けるかですよね。

この記事では、亡くなった方のことを想い、遺族が納得のいく整理方法を紹介していきます。

遺品整理って何?

遺品整理業者遺品整理とは、

人が亡くなった後に残された物を文字通り「整理する」ことです。

主に相続に関わる物を、「形見」と「不用品」に分けることができます。

相続に関わる物とは、現金や有価証券、貴金属などです。難しいのは「形見」と「不用品」の区別です。

例えば故人が好きだった椅子。
他人から見ればただの古い椅子にしか見えませんが、家族の目にはそこに座っている故人の姿が見えるかもしれません。

遺族の思いが強いほど、どれも大切に思えて処分できなくなります。

ひとり暮らしの老人が亡くなった場合は、残された遺族(法定相続人)が遺品の処分を行わなくてはなりません。

しかし一緒に暮らしていないと何から手をつけていいかわかりません。

どこに何があるかわからず、遺品を処分した後に他の相続人から「貴金属があったはずだ」などとクレームが出て、トラブルが発生することもあります。

遺品整理を第三者である不用品回収業者などに依頼する人が増えているのはそのためです。

遺品整理の方法

古い本棚遺品整理は不用品回収業者に頼むほかにも以下の方法があります。

  • 自分で行う遺品整理
  • 遺族が行う遺品整理
  • 一般的な不用品回収業者に依頼する遺品整理
  • 遺品整理業者に依頼する遺品整理

遺品整理の方法別メリットとデメリット

真珠

自分で行う遺品整理

生前に自分で整理してしまうことです。

メリット

不用品と残しておきたいものを自分で選別することで遺族への負担を減らせます。
趣味的な物などは家族で以外の趣味仲間を指定して残すこともできます。

家族に見せたくない物なども徐々に処分していけば、いざという時の心残りを軽減できます。

デメリット

自分の死後を考えるのはかなりの心的負担がかかります。

また、遺品を譲られた遺族や知人にが必要がないと思っても「選ばれたのだから」という気持ちが大きくて処分したくてもできなくなる可能性もあります。

遺族が行う遺品整理

遺族
メリット

相続権のある遺族が話し合いながら遺品整理することで、それぞれが引き継ぎたい物を選べます。

納得ずくで大切にしてくれる人に受け継がれるので、長く愛用されることになり遺品にとっても良いやり方です。

デメリット

誰が見ても価値があるものは争いの元になります。
大切に取っておきたい物でも公平を期すために処分してお金に換えなくてはいけなくなったりします。

一般的な不用品回収業者に依頼する遺品整理

不用品回収業者

引越しなどで出た不用品を回収して処分してくれる業者に頼む方法です。

メリット

遺品であっても客観的な目で見るため、不要な物は処分、使える物はリユースまたはリサイクルにとなんの思い入れもなく扱いますから整理がはかどります。

機械的に行うため短時間で済みます。
結果、料金も低く抑えられます。

デメリット

故人が大切にしていた物や、遺族が見れば思い出が詰まっている物でもお構いなしに処分します。

そのため、不用品の中にそれらが混ざっているのを見た遺族が精神的なダメージを受けることがあります。

一括処分で依頼すれば金銭的価値のあるものが出てきても、遺族に知らせず転売してしまう例も珍しくありません。

遺品整理業者に依頼する遺品整理

古いアルバム遺品整理業者とは「遺品整理」を専門に扱っている業者のことです。
作業には資格を持った“遺品整理士”があたります。

不用品回収業者の中にも遺品整理を通常の不用品回収とは分けてサービス提供しているところもあります。

メリット

一般の不用品回収業者との違いは、故人が残したものを「遺品」として扱うことです。

不用品回収業者ならまるごと捨ててしまうような小物箱や袋の中身もひとつひとつ丁寧に確認ながら作業を進めます。

遺品整理中に他人にとっては価値のない「写真」や「手紙」などが見つかった時は不用品かどうかを遺族に確認してから処分するかどうかを決めます。

遺族が気づかなかった貴金属などの貴重品が見つかった時も必ず報告します。

人形やぬいぐるみ、お守り、写真、神棚、仏壇など故人が生前大切にしていたものの、遺族が引き取るのはちょっと……かといってゴミにされるのは気が引ける……。

というような時は、供養してから焼却する「お焚き上げ供養」も行ってくれます。

また遺品の中から保険の契約書が出てきた時は手続きを代行してくれます。
業者によっては孤独死で発見が遅れた場合の特殊清掃(脱臭、消毒、害虫駆除)も可能です。

デメリット
一万円札

作業が丁寧な分、時間と料金は一般の不用品回収業者に比べるとかかります。

もちろん見積もりを出しますから、手間と時間に会った料金であることを納得してから契約してください。

遺品整理業者に依頼した時の作業の流れ

遺品整理士

1.依頼

電話でもネットからでも簡単に依頼できます。
数社から同時に見積もりを取れるサイトもあります。

2.下見

電話やネットでの見積もりは概算です。
日時を調整して遺族立ち会いの元現地を下見します。

3.見積もり

営業圏内であれば見積もりは無料です。
作業工程、時間、処分方法など気になることがあればここで質問しておきます。

金額を比べるのが見積もりの本来の目的です。遠慮しないで複数の業者から見積もりをとりましょう。

4.契約

契約前に内容を再確認します。
見積もり以外に料金が発生することがあるのかも必ず聞いてください。

口頭でなく、契約書にそのことが記載していあるかが肝心です。

5.遺品整理作業

遺族と一緒に作業を行います。遺品を分別して不用品は回収または買い取ります。
最後に清掃して完了です。かかっても1日で済む例が大半です。

6.精算

最後に、遺品整理が終了したことを確認して、精算を行います。
不用品の買取などがある場合、作業料金との差額分を精算していただきます。

遺品整理業者を選ぶポイント

古時計わかりやすいのは「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しているかどうかです。
この資格を持っている業者は最後まで自社で回収した不用品を法に則って処理することができます。

一般廃棄物収集運搬許可は産業廃棄物の許可とは違います。
一般家庭から出る廃棄物を集めて運ぶことを各自治体から許されている証しです。

もうひとつは「古物商許可」を取得しているかです。
これがないと不用品を買い取って転売できません。

古物商許可を得ている業者は名刺やサイトに古物商許認可番号を記載しています。

これらの許可を持っていなくても、許可を得ている業者とタッグを組んで営業している業者もいますし、収集した後リサイクルショップに持ち込んでいる業者もあります。

許可書の有無が全てではありませんが良質な業者である目安にはなります。

いずれにしても下見、見積もりの時にキチンと質問に答えてくれないような業者には依頼しないことです。

まとめ

光の差し込む窓遺品を整理していると遺族の悲しみが増してくるものです。
しかし、遺品整理が終わると「気持ちが楽になった」という感想を持つ方が多いのも事実です。

それだけに遺品を雑に扱う不用品回収業者に依頼してしまったせいで、故人を傷つけてしまったような思いが残り続ける人もいます。

実績のある遺品整理業者を選び、納得のいく形で遺品整理することは残された人間の“癒やし”にも効果があります。